銀魂(坂田銀時)の名言「美しく最後を…」

銀魂(坂田銀時)の名言「美しく最後を…」

銀魂(坂田銀時)

美しく最後を飾りつける暇があるなら、最後まで、美しく生きようじゃねーか。

この名言に関するコメント

“元ニートの人材開発コンサル”です。この名言についても、人材開発の専門家として他の名言紹介サイトではされていない少しマニアックな解説をご紹介します。(「この管理人どんな人?」管理人のプロフィールに興味がある方はこちら!

銀魂は、週間少年ジャンプで連載されている漫画(アニメ化もされています)です。

この漫画にもたくさんの名言が出てきます。

今回は、その中でも私が最も気に入っている言葉です。

このセリフは、坂田銀時が戦に勝つことを諦めて、切腹しようとしている桂に対して言った一言です。

「美しく最後を飾りつける暇があるなら、最後まで、美しく生きようじゃねーか。」

私は、武士道精神が非常に好きで、日本人の根底にある素晴らしいマインドの一つだと思っています。

もちろん、死への恐怖を克服し、自ら命を絶つ「切腹」という文化にも理解があります。

確かに、潔く死ぬことは美しいかもしれません。

ですが、切腹はいつでもできますよね?

それよりも大切なのは最後まで美しく生きること!

美しく死ぬことより、美しく生きよう!

そんなメッセージが含まれている名言です。

真面目な幕末ファンの私にとって幕末のパロディであるこの作品に対する感情は複雑なものがあります。

ですが、「それはそれ!これはこれ!」という寛大な心でこの作品を見守っていきたいと思います。

以上、人材開発コンサルによる少しマニアックな名言解説をお読みいただきありがとうございました!(「なかなか為になる解説だった。この管理人どんな人?」管理人のプロフィールに興味がある方はこちら!

page top