坂本龍馬(竜馬がゆく)の名言「しかない、というものは…」

竜馬がゆく「しかない、というものは…」

坂本龍馬 「竜馬がゆく」より

しかない、というものは世にない。人よりも一尺高くから物事をみれば、道はつねに幾通りもある。

この名言に関するコメント

“元ニートの人材開発コンサル”です。この名言についても、人材開発の専門家として他の名言紹介サイトではされていない少しマニアックな解説をご紹介します。(「この管理人どんな人?」管理人のプロフィールに興味がある方はこちら!

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(1867年12月10日)は、幕末の日本の政治家・実業家です。

土佐藩脱藩後、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中・海援隊の結成、薩長連合の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど、志士として活動しました。

司馬遼太郎先生の作品を読んだことがある方は、お分かりいただけるかと思いますが、名言だらけです!

特に「竜馬がゆく」と「燃えよ剣」は格好良い名言が満載です!

そして、「竜馬がゆく」で竜馬のセリフで最も私が好きな名言がコレです。

人生に行き詰った時、もう限界かも…と思った時、様々なピンチを乗り越える道を指し示す究極の名言です!

人はどうしても目先の物事に囚われてしまい。

実際には大した問題ではないにも関わらず、深刻な問題のように考えてしまいます。

ですが、見方を変えれば「しかない=唯一」などきっと無いような気がしませんか?

見方を変える。

違う解釈をする。

プラスの意味づけをする。

少し高いところから眺めてみて下さい。

きっと「道は幾通りも存在する」はずです!

以上、人材開発コンサルによる少しマニアックな名言解説をお読みいただきありがとうございました!(「なかなか為になる解説だった。この管理人どんな人?」管理人のプロフィールに興味がある方はこちら!

page top