人生の悩みに効く名言

人生の悩みに効く名言記事一覧

高杉晋作おもしろき こともなき世を おもしろく (すみなすものは 心なりけり)「おもしろき…」以外の「高杉晋作の志士の名言」はこちら!この名言に関する人材開発コンサルの解説この名言は、幕末長州の英雄「高杉晋作」の辞世の句です。高杉晋作は明治維新を見ることなく結核で若くして亡くなります。しかし、辞世の句であるこの歌が彼の人生に対する考え方を端的に表しています例え、病に冒されようとも、幕末といいう動乱...

サミュエル・スマイルズ天は自ら助くる者を助く英語:Heaven helps those who help themselves.この名言に関する人材開発コンサルの解説この名言は、サミュエル・スマイルズが、1858年にジョン・マレー社から出版した「自助論」の序文にそえられた一文です。数ある名言の中から、私はこの言葉を私自身の「座右の銘」として選んでおり、生きている過程でどうしても辛いことがあった時に...

徳川家康人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。おのれを責めて人をせむるな。及ばざるは過ぎたるよりまされり。この名言に関する人材開発コンサルの解説言わずと知れた江戸幕府を開いた戦国武将です。彼の残した言葉は数多...

孟子天が人に大いなる任を降そうとする時、必ずまず、その心志を苦しめ、その筋骨を疲れさせ、その体を飢えさせ、その身を窮乏させ、行う事為す事に幾多の障害を与える。この名言に関する人材開発コンサルの解説孟子は、中国、戦国時代の思想家で、徳教による感化を中心とする王道政治を主張した人物です。人の性は本来善であるという風に性善説に基づく道徳論・修養論を展開したことで有名です。彼は多くの言葉を残していますが、...

坂本龍馬世の人は 我をなんとも 云わば云え 我が成すことは 我のみぞ知るこの名言に関する人材開発コンサルの解説坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(1867年12月10日)は、幕末の日本の政治家・実業家です。坂本龍馬は、土佐藩脱藩後、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中・海援隊の結成、薩長連合の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど、志士と...

ドラえもん目が前向きについているのはなぜだと思う?前へ前へと進むためだ!ふりかえらないで、つねに明日をめざしてがんばりなさい。 この名言に関する人材開発コンサルの解説「ドラえもん」、漫画家 藤子・F・不二雄が生み出した日本で一番有名な猫型ロボットです。22世紀のセワシのロボットでしたが、セワシが苦労しているのが、自身の先祖である のび太の不出来に起因することから、そののび太を更生するために過去に送...

上杉鷹山為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり「為せば成る…」以外の「上杉鷹山の名言」はこちら!この名言に関する人材開発コンサルの解説上杉 鷹山/上杉 治憲(うえすぎ ようざん/うえすぎ はるのり)は、江戸時代中期の大名です。出羽国米沢藩の第9代藩主で、領地返上寸前の米沢藩再生のきっかけを作り、「江戸時代屈指の名君」として知られています。アメリカの第35代大統領であるジョン・...

アントニオ猪木 『道』この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。…続きはこちら「道」以外の「猪木の魂の名言」はこちら!この名言に関する人材開発コンサルの解説「道」と題されたこのアントニオ猪木の有名な言葉は、1998年4月4日に東京ドームで実施された引退記念試合後のスピーチでアントニオ猪木が披露した詩です。引退記念試合のスピーチで披露するほど、猪木にとっては「自分の人生そのものを表すような大切な言...

甲本ヒロト未来は真っ暗。お先真っ暗というのはすげー前向きな言葉だよ。真っ暗なんだよ。どこがいけないんだよ。そん中にすっげー誰も見たことがない、どんなに勉強したってわかりっこない、素晴らしいものが隠れてるかもしんない。真っ暗ってことはいいねえ。みんな平等で。

page top